Digital Living Galleryバンダイの販売はコチラ

バンダイのDigital Living Gallery(デジタルリビングギャラリー)の楽しみ方

バンダイDigital Living Galleryデジタルリビングギャラリーの楽しみ方について掲載します。

まずコンセントが必要となりますので、コンセントプラグのあるお部屋をお選びください。

ゴッホやルノワールの名画ソフトシリーズを本体の背面に差し込んで、電源を入れるだけです。

そうすると名画スライドショーを楽しむことができます。

ソフトには30枚の絵画が表示されていきます。

1枚につき1分でスライドショーが構成されています。また、付属のリモコン操作で2倍、4倍、8倍、16倍に画像を拡大することができたり、上下左右操作で見たい位置を調整することも可能です。

また、あたながデジタルカメラで撮影した画像もJPEG形式で保存しているのであれば、SDカードをスロットに入れてみることもできます。

もちろんスライドショーもできますし、リモコン操作で、表示速度を遅くしたり早くしたりもできるのです。

サイズ15インチの額縁のようなデジタルフォトフレームですので、あなたのお部屋のインテリアとしても飾ることができますね。

↓アマゾンで詳しくみるにはこちら
デジタル・リビング・ギャラリー ゴッホ
デジタル・リビング・ギャラリー ルノワール

PR
デジタル リビング ギャラリー



でじたるりびんぐぎゃらりーはバンダイのデジタル・リビング・ギャラリーです。

でじたるりびんぐぎゃらりーはバンダイから1月30日(金)に発売となるDigital Living GalleryI(デジタルリビングギャラリー)のことです。

デジタルリビングギャラリーは、通常のデジタルフォトをみることができるほかに、自宅で絵画鑑賞を楽しむことができる、額縁でサイズは15インチ(縦43×横35.5×厚5.5cm)の液晶画面のデジタルフォトフレームです。

絵画は、ルノワールとゴッホの2種類のいずれかのソフト付きを選びます。

また別売りソフトとしても購入することができます。

リモコン操作で、スライドショーをとして表示することもできます。

また、絵画については、音声解説やBGMがついていますので、自宅にいながら美術鑑賞ができますし、インテリアとしても最適なデジタルフォトフレームですね。

↓アマゾンで詳しく見るにはコチラです
デジタル・リビング・ギャラリー ゴッホ
デジタル・リビング・ギャラリー ルノワール


PR バンダイ デジタル リビング ギャラリー



Digital Living Gallery バンダイにはルノワールとゴッホの絵画ソフト別売り

バンダイデジタルリビングギャラリーには、ルノワールとゴッホの絵画ソフトが別売りとして販売されています。

Digital Living Galleryの名画ソフトシリーズはとして、1月30日より発売となる絵画では、高解像度データJPEGによる保存形式でSDカードにおさまっているものです。

30枚の絵画および、音声ガイドが保存されガイドブックがついてきます。

値段は、税込み価格で4,980円です。デジタルリビングギャラリーにはSDカードスロットがついていますので、そこに挿入して見ることになります。

本体付属の専用リモコン操作によって、スライドショーを見ることができますので、まるで自宅が美術館になっているかのように楽しむことができますね。

絵画ソフトシリーズは今後も発売される予定です。

↓アマゾンで詳しく見るにはこちらです。
デジタル・リビング・ギャラリー別売ソフトシリーズ 世界の巨匠002 ゴッホ
デジタル・リビング・ギャラリー別売ソフトシリーズ 世界の巨匠001 ルノワール


PR デジタル リビング ギャラリー ソフトシリーズ



Digital Living Galleryバンダイの購入はコチラ

Digital Living Galleryバンダイ通販での購入でしたらコチラで購入先を紹介しています。

また概要についても紹介していますので、ご購入前にご参考ください。

バンダイDigital Living Gallery(デジタルリビングギャラリー)はデジカメで撮影した画像はもちろん見ることができます。

さらに絵画鑑賞用のソフトがついてくるのです。ゴッホが好きな方にはゴッホバージョンを、ルノワールが好きな方にはルノワールバージョンがお勧めです。

付属となるソフトはSDカードとしてついてきます。

収録されている名画は、日本では、未公開である名画を含んだ30枚分で、BGMがついていたり、解説の音声がついています。

外へ出かけることなく、絵画鑑賞を楽しめるのは、リラックスしながら、いつでも見ることができますね。

↓アマゾで詳細を確認するにはこちらです
デジタル・リビング・ギャラリー ゴッホ
デジタル・リビング・ギャラリー ルノワール


↓商品購入価格一覧を見るにはコチラです。
デジタル リビング ギャラリー



デジタルリビングギャラリー(Digital Living Gallery)のレビューについて

デジタルリビングギャラリーのレビューについて紹介いたします。

商品の名称はDigital Living Galleryです。

発売日は2009年1月30日(金)です。

販売元はバンダイ(BANDAI)です。

値段は税込み価格で、定価52,290円です。

デジタルリビングギャラりーには本体のほかに、絵画ソフトがついてきます。

ゴッホバージョンかまたは、ルノワールバージョンとなります。

同梱内容は、デジタルフォトフレーム本体のほかに、ACアダプター用延長コードリモコン、ACアダプター、スタンドパーツ、専用ソフト1本(ゴッホまたはルノワール)、保証書、取扱説明書、デジタルフォトフレーム用取扱説明書、名画ソフト用取扱説明書がついてきます。

次にサイズですが、、縦430×横355×厚55(mm)となっています。

また本体の重さは約2.3キロとなっています。また液晶デジタルの画素数は1024×768ピクセルとなっています。


↓アマゾンで詳しくみるにはこちらです。
デジタル・リビング・ギャラリー ゴッホ
デジタル・リビング・ギャラリー ルノワール


↓購入先価格比較一覧はコチラ
バンダイ デジタル リビング ギャラリー